2019年12月(0)
2019年11月(1)
2019年10月(2)
2019年9月(0)
2019年8月(0)
2019年7月(0)
2019年6月(1)
2019年5月(0)
2019年4月(0)
2019年3月(0)
2019年2月(0)
2019年1月(0)
2019年(4)
2018年(5)
2017年(6)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2019.11.04
国民民主党長野県連常任幹事会を開催
 国民民主党長野県連は、11月4日長野市内で常任幹事会を開催。羽田代表、篠原代表代行、下条副代表ほか望月県議、内川安曇野市議、鈴木長野市議、幹事ら20名余。連合長野の根橋新会長もオブザーバーとして出席した。

 会議に先立ち台風19号で被害に遭われ、亡くなられた方々に黙祷を捧げた。
 冒頭、羽田代表は、夏の参院選について「この参院選は私にとって一人区になって初めての選挙で、投票率が低い中の選挙戦ではあったが、野党共闘も含め、皆さん一丸となって戦っていただき、大変大きな成果を勝ち取ることができた。県民の皆様からいただいた大きな期待を受け止め、国政の中でしっかりと実現していきたい。」と、お礼と決意を述べた。
 また、10月からの消費増税によって国民の生活が大変厳しい状況になっていることから、「消費税が10%に上がり、また軽減税率の導入により様々な混乱をきたしている中で、今後もこの問題を解消するためにしっかりと議論をしていく事が必要。社会保障制度についても引き続き議論を深めて答えを出していくことで、国民の皆さんの信頼を回復していかなければならない。」と力強く訴えた。

 会議では、各選挙区から台風被害状況と今後の復旧に向けての対策。また今後の県連としての活動を話し合いました。
 10月25日の定期大会で前任の中山千弘会長から引き継ぎ、新体制をスタートさせた根橋美津人連合長野会長は、新会長としての意気込みや台風19号災害の連合長野としての対応、また東海ブロックを中心とした台風19号災害救援ボランティア隊の活動状況など、「労働運動の原点でもある『支え合い、助け合い』を体現することから新年度をスタートさせている。」との報告があった。

 この他に、今夏執行された第25回参議院選挙の総括・次期衆院選対策について話し合われた他、県連役員及び第4区暫定総支部の事務所の異動について、また県連定期大会を来年2月頃をめどに開催し、党の再生・発展をはかることなどを決めた。


プライバシーポリシーサイトマップ国民民主党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 国民民主党 長野県総支部連合会 All Right Reserved