2017年8月(0)
2017年7月(0)
2017年6月(2)
2017年5月(1)
2017年4月(0)
2017年3月(1)
2017年2月(0)
2017年1月(0)
2016年12月(1)
2016年11月(0)
2016年10月(1)
2016年9月(2)
2017年(4)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2017.06.15
「共謀罪」法の強行採決に抗議する緊急街頭演説会を開催
 15日早朝に国会で「共謀罪」法が強行採決されたことを受け、民進党県連は連合長野と合同で午後5時からJR長野駅前で抗議の緊急街頭演説会を開催。
 倉田竜彦県連副代表、埋橋茂人幹事長代理・広報局長のほか、中山千弘連合長野会長、根橋美津人連合長野事務局長が弁士を務めた。
 倉田副代表は「何故審議を全うして国民の理解を求める姿勢をとらなかったのか。強行採決は国会を殺し、民主主義を殺す方向へ導くものだ。」と政府与党を強く批判。
 
埋橋幹事長代理は「「共謀罪」法は人々の心の中まで縛り、罪刑法定主義ではない。」と怒りをあらわに訴えた。
 連合長野の中山会長は「我々一般人には関係の無いことだと思っていてはいけない。「共謀罪」法は、労働組合を含め市民を監視し、縛っていくことが可能になる。政府の気に入らない事は罰せられ、思想や良心、表現や結社の自由が侵される可能性がある。子や孫のために反対の声を上げて政府に出直させないといけない。」と強く訴えた。
 これまで安倍首相は特定秘密保護法で国民の知る権利を制限し、安保法制で立憲主義を踏みにじり、今回の共謀罪法で内心の自由を侵害するなど国民の基本的な権利を脅かしてきました。そして次の狙いが憲法9条であることを明らかにしています。
 民進党は、これ以上の国民の権利や生活の破壊を食い止めるため、国民の支持のもとに安倍政権を打倒することに全力を挙げていきます。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved