2017年10月(1)
2017年9月(0)
2017年8月(0)
2017年7月(0)
2017年6月(2)
2017年5月(1)
2017年4月(0)
2017年3月(1)
2017年2月(0)
2017年1月(0)
2016年12月(1)
2016年11月(0)
2017年(5)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2017.06.11
「民進党長野県連2017年定期大会」を開催
 民進党長野県連は6月11日・長野市で、「政治決戦!衆議院総選挙に勝利しよう」をスローガンに、2017年定期大会を開催した。
羽田代表は、冒頭の挨拶で「3区の候補者の調整、⒋区の候補者の擁立に全力を尽くし、必ず県内各選挙区での必勝を果たそう」と決意を表明、「昨年の参議院選挙で杉尾候補にお寄せいただいたご支援を、引き続き次期衆議院選挙に」と訴えた。
 来賓の阿部守一県知事、加藤久雄長野市長が「長野県や長野市のためにも民進党の躍進に期待している」と激励の祝辞。連合長野の中山千弘会長は「日本の政治は安倍一強体制により大きく歪み、共謀罪法案など民主主義や基本的人権を破壊する強権政治が続いている。安倍政権の暴走をストップするために、今こそともに立ち上がろう」と、力強い連帯の挨拶を行った。
 また、民進党長野県連の北澤俊美最高顧問・柳沢光美顧問が出席。北澤最高顧問は、「民進党県連は全国の民進党をリードしてきた。日本の今の大義のない安倍政治を許してはならない。民進党の政策は良いのに有権者に伝わっていないのは努力が足りないからだ。羽田代表を中心に強い使命感をもって若者に希望のもてる明るい政治・社会を懸命に創り出して欲しい」と叱咤激励。
 運動方針については、倉田竜彦幹事長が、本年こそ決意を込めて、自公政権と対峙すべく「正念場の戦いに、立ち上がろう」と訴えた。そのために今定期大会で「民進党県連衆議院選対本部」を発足することを決定、年間を通じて、党組織の基盤強化や自治体議員の政策活動の充実、国会活動と連携した広報宣伝活動の活発化、各種団体との交流の充実など重点対策を推進していくことを提案し、全会一致で承認された。
 また昨年の夏の参議院選挙では、杉尾秀哉候補・民進党に対し、県民の皆さんから熱いご支援をいただいたことに改めて全体で感謝、今次衆議院選挙においてもさらに広範な人々との連携活動を積極的に進めていくことを確認し合った。
 大会の締めくくり前に、予定候補の1区・篠原孝、2区下条みつ.3区井出庸生.寺島義幸.5区中嶋康介の各氏が勝利を目指す決意を力強く表明。杉尾秀哉参議院議員もお礼と激励の挨拶を行い、それぞれ盛大な拍手を受けた。

2部の記念講演では、与良正男氏が「政治とメディア」の現状や、あるべき姿など体験や豊富な知識にもとづいて講演した。
 大会では役員改選が行われ、羽田雄一郎代表を再選。新幹事長に下沢順一郎県議、幹事長代理には埋橋茂人県議を新任。倉田前幹事長は副代表・選対委員長に選出された。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved