2015年12月(0)
2015年11月(0)
2015年10月(0)
2015年9月(2)
2015年8月(0)
2015年7月(1)
2015年6月(2)
2015年5月(1)
2015年4月(0)
2015年3月(1)
2015年2月(0)
2015年1月(0)
2017年(4)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2015.09.26
「安倍政権にNO!怒りの9.26長野大集会」を開催
 民主党長野県連は連合長野と協力し、9月26日(土)に長野市のホテルで「安倍政権にNO!9.26怒りの長野大集会」を開催した。
 集会は中山千弘連合長野会長が主催者挨拶。ゲストの福山哲郎幹事長代理、神津里季生連合事務局長、桜井佐七憲法九条を守る会呼びかけ人が、安保法は安倍政権が国民無視の強権的手法で押し切ったものであること、戦後70年に渡って守り築きあげてきた憲法の平和主義や民主主義を真っ向から否定する暴挙であることを強調。今後、参議院選挙に向け、安保法の反対に立ち上がった多くの国民や学生、若いお母さん、色々な人たちとしっかりと連帯していくべきことなど、それぞれ力強く訴えた。
 また、労働法制の改悪は働く者の人権や国民生活の破壊を招くもので国民的規模の運動を一層盛り上げる必要があることを指摘した。
 北沢俊美県連代表は特別報告で、主権者である国民の怒りを受け止め、反対運動・新しい民主主義の流れとの連携を深めつつ、全力を挙げて安保法の廃止を目指したい。そのために野党は協力して廃止法案を国会に提出すべきであり、参議院選挙の勝利に向け、「野党の選挙協力を積極的に進める必要がある」と強調した。
 また、国会議員団を代表して篠原孝衆議院議員は、日本は今危険な方向に向かっている。安保法の強行、労働法制や農協法の改悪、TPPと、わが国の平和路線や雇用・家庭基盤、農村社会が破壊されようとしており、こうした政治を転換するために皆さんと全力を尽くしていきたいと決意を表明。
 最後に羽田雄一郎県連代表の発声で、「安倍政権への怒りを胸に、安保法廃止、参議院選挙の勝利へ全力で立ち上がろう」と頑張ろうを三唱し閉会した。
 会場は主催者の予想を大幅に上回る750名余に。立ち見や会場に入りきれないほどの多くの皆さんの参加のもとに、安保法反対の運動の継続・発展を強く誓い合った。
また、集会前段には、JR長野駅前で街頭演説会を開催した。
2015.09.12
「安倍政権にNO!怒りの9.12松本駅前大演説会」を開催
 民主党長野県連は9月12日(土)、JR松本駅前で安保関連法案の廃案を求める「安倍政権にNO!怒りの9.12松本駅前大演説会」を開催した。
 急遽来県した蓮舫 党代表代行や、北沢俊美県連代表、連合長野中山千弘会長、下条みつ第2区総支部代表、下沢順一郎県議会議員のほか、地元市議や連合松本地協役員等大勢の皆さんが弁士を務め、「安保法案を廃案にすべきだ」との声を上げた。
 蓮舫党代表代行は「関東・東北の水害で、亡くなられた方や大勢の行方不明者が出ているこの大変な時に、安倍首相はじめ与党は安保法案をいつ採決するかばかりを考えている。今、一番大切なのは災害地の一刻も早い復旧と国民の命ではないのですか?」と、17日にも参院で強行採決をしようとしている政府与党を強く批判した。

 集会には安保法案に反対する松本市民ら700名余が参加。地区集会としてかつてない盛り上がりをみせた。
 
蓮舫党代表代行は「関東・東北の水害で、亡くなられた方や大勢の行方不明者が出ているこの大変な時に、安倍首相はじめ与党は安保法案をいつ採決するかばかりを考えている。今、一番大切なのは災害地の一刻も早い復旧と国民の命ではないのですか?」と、17日にも参院で強行採決をしようとしている政府与党を強く批判した。
集会には安保法案に反対する松本市民ら700名余が参加。
地区集会としてかつてない盛り上がりをみせた。
集会に参加した松本市民の皆さんと握手を交わす蓮舫代表代行
2015.07.18
「安保関連法案強行採決に抗議する緊急街頭演説会」を開催
 民主党長野県連は7月18日(土)、JR長野駅前で安保関連法案強行採決に抗議する緊急街頭演説会を開催。 北沢俊美代表、羽田雄一郎代表代行、篠原孝衆議院議員、埋橋茂人県議会議員のほか県連役員や長野市議団等が参加し、「安保関連法案の強行採決は国民の声を踏みにじる暴挙だ!我々民主党は国民の皆さんと共に、この法案を廃案に追い込むために全力をあげます。」と力強く訴えた。
 雨の中、多くの皆さんが街頭演説に足を止め、民主党に激励の声を寄せたり、ビラを受け取る若い人の姿も多く見られた。
安倍政権は15日の衆院特別委員会と、16日の衆院本会議で民主党など野党の反対を押し切って安保関連2法案を強行採決しました。「集団的自衛権は憲法上行使できない」という、自民党政権も含め歴代内閣が40年以上にわたって確立してきた憲法解釈を閣議決定だけで変更。各報道機関の世論調査で8割以上が「政府の説明は不十分」と回答しているにもかかわらず、多数議席におごり採決強行をしたことは断じて許すわけにはいきません。皆さんも共に反対の声を上げましょう!

 長野県連は「安保法制強行採決」に反対する全県キャラバン第2弾を7月11日(土)からスタートし、以下のとおり実施しました。

11日、12日 第5区
13日、14日 第4区
15日、16日 第2区
17日、18日 第1区

第3区は期間中に引き続き随時活動中です!!
2015.06.19
「民主党長野県連全県キャラバン」を実施
 長野県連は6月6日から、安倍政権の安保法制化・労働法制改悪に反対する全県行動を行ってきた。5区~2区~4区~3区~1区と、広報車で遊説を続けながら、各総支部代表・連合地協・党所属の自治体議員が連携して街頭演説等を行った。この間、多くの県民の皆さんから安倍政権に対する抗議や、民主党への激励の声が寄せられた。
6月6日(土)、7日(日)
<第5区の街頭演説会> 
-飯田市で民主党ガンバレ!の声援を受けて-
中嶋康介5区総支部代表、福沢清飯田市議会議員
中嶋康介5区総支部代表
6月9日(火)、10日(水)
<第2区の街頭演説会>
-下条みつ代表が連合松本広域の議長と共に
「戦争をしない日本」を貫こう!と訴えた
下条みつ2区総支部代表
佐藤幸司連合長野松本広域協議会議長
下条みつ2区総支部代表
内川集雄安曇野市議会議員
6月13日(土)、14日(日)
<第4区街頭演説会>
-安倍政権の暴挙を許さない!-
金子勝寿塩尻市議会議員
野沢徹司前県議会議員
6月16日(火)、17日(水)
<第3区街頭演説>
-佐久市で市民の皆さんに力強く訴えた。
「歯止め無き自衛隊派遣を止めよう!」-
寺島義幸3区総支部代表
花岡賢一県議会議員
6月19日(金)、20日(土)
<第1区街頭演説会>
篠原孝1区総支部代表・衆議院議員、
中山千弘連合長野会長、埋橋茂人県議会議員、
倉野立人長野市議会議員
2015.06.19
民主党長野県連・連合長野合同
「安倍政権の暴走をただす長野駅前大演説会」を開催
 民主党長野県連は6月19日(金)18:00から、JR長野駅前街頭で連合長野と合同で街頭演説会を開催。
 北沢代表、中山連合会長はじめ篠原孝衆議院議員、埋橋茂人県議会議員のほか、党所属の長野市議会議員等が参加し、安倍政権の暴走による労働法制改悪、安保関連法案の阻止を力強く訴えた。
2015.05.16
「民主党長野県連拡大常任幹事会」及び
「連合長野と県連国会議員との懇談会」を開催
 民主党長野県連は5月16日(土)長野市内のホテルで拡大常任幹事会を開催。北沢代表をはじめ県連役員や、4月に行われた県議選挙の公認・推薦候補者など約40名程が出席した。
 冒頭の挨拶で北沢代表は、4月の県議選について「現職公認の2人が残念な結果となったが、捲土重来を期して再び頑張っていただきたい。その一方で長野市区で新人公認候補が当選したことや、寺島前衆院議員の後継候補である新人がトップ当選を果たすことができたことは評価できる。」と語った。また、後半国会において「焦点の労働法制の改悪については、現場の責任者である津田参議院議員を中心にもう一度廃案に追い込む気概を持ってやっていきたい。安保法制は、稀代の危険な政治家である安倍総理が誕生したことによって政治問題化している。この国の形を変える『安保関連法案』を閣議決定し、国会にも説明がないままに、安倍総理は法案を夏までに成立させると米議会で公言するなど暴走を始めている。日本の国会で審議すべき法案の結論を米議会で公約するとは由々しいことだ。労働法制改悪・安全保障法制の強行改変を国民運動として、連合はじめ非営利団体と協力し、なんとしても阻止していかなければならない。」と訴えた。
 会議では第18回統一自治体選・県議選を総括し、県民の期待にしっかりと応えうる政策アピールの実現や、総支部・後援会の組織づくり今後の重点課題として確認、来年夏の参院選勝利へ全力を尽くすことを誓い合った。 その他、「信州・新風・みらい」県議団の発足について話し合われたほか、次期衆議院選挙候補者の公認内定について、3区の寺島義幸総支部代表、5区の中嶋康介総支部代表の第1次公認の申請をすることを決定。2区の下条みつ総支部代表公認申請はやや遅れる見通しとなった。4区の矢﨑公二総支部代表は両親の介護を理由に第1次公認の申請辞退したことを了承。状況に変化があれば2次以降の公認申請を求めることとした。
北沢代表の挨拶
会議終了後は、連合長野役員と県連国会議員との懇談会が行われた。
2015.03.22
「民主党長野県連拡大常任幹事会」を開催
 民主党長野県連は3月22日(日)長野市内のホテルで拡大常任幹事会を開催。北沢代表をはじめ県連役員、4月執行される県議選の公認・推薦候補予定者や、選対の事務担当者など約40名程が出席した。
 会議の冒頭で北沢代表は、「昨年末の衆議院選は、1区の篠原議員一人だけが当選という残念な結果であった。しかし、過去の実績を踏まえ、12月の選挙を検証しながら、再度政権に向けての基盤づくりをしっかりと進めなければならない。そのためにはまず第一に、県議選で公認・推薦の候補を全員当選させるという決意を持って臨んで行きたい。この県議選は、我々がもう一度飛躍をする足がかりを作る極めて重要な選挙であり、皆様に奮起をお願いしたい。」と挨拶をした。
 会議では昨年末に行われた衆院選を総括、統一自治体選・県議選対策では、北沢代表を本部長とする県連の総合選対本部を設置し、必勝を誓った。その他、今年度の党員・サポーター募集活動を6700名を目標に6月末まで募集することや、「信州マニフェスト2015」統一自治体選重点政策集(案)を持ち帰り、検討。意見集約を今週中に行うことにした。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved