2014年12月(0)
2014年11月(3)
2014年10月(1)
2014年9月(0)
2014年8月(0)
2014年7月(3)
2014年6月(2)
2014年5月(3)
2014年4月(1)
2014年3月(0)
2014年2月(4)
2014年1月(0)
2017年(4)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2014.07.04
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に抗議する緊急街頭演説会を開催
 民主党長野県連は7月4日(金)の夕方、JR長野駅前で北沢代表、倉田幹事長、望月青年局長、倉野長野市議、金沢長野市議らが参加し、政府が集団的自衛権の憲法解釈の変更による行使容認を決めた閣議決定に抗議する緊急街頭演説を行った。
北沢代表は「安倍首相個人の信条を優先させた閣議決定であり、外交努力をないがしろにして軍事力に頼ろうとする安全保障の形は極めていびつだ。」と強く批判した。倉田幹事長も「戦争をする国への転換は憲法の平和主義を破壊するもので、民主党は専守防衛の立場から強く抗議する。」とアピールした。
 望月青年局長をはじめとする長野市議らも、街頭でビラを手渡ししながら直接市民の皆さんに集団的自衛権の行使容認の撤回を訴えかけた。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved