2014年12月(0)
2014年11月(3)
2014年10月(1)
2014年9月(0)
2014年8月(0)
2014年7月(3)
2014年6月(2)
2014年5月(3)
2014年4月(1)
2014年3月(0)
2014年2月(4)
2014年1月(0)
2017年(1)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2014.07.13
南木曽町土石流災害に視察団を緊急派遣
 民主党長野県連土石流災害視察団(羽田雄一郎団長:民主党本部現地調査団長を兼務)は、7月13日(日)、南木曽町役場で宮川正光町長から土石流災害の現状や避難者の救済措置、二次災害の緊急防止対策などの説明を受けた。
 視察団には、矢﨑公二4区総支部代表、続木幹夫県議会議員、倉野立人長野市議会議員ほか4名が参加した。
 その後、宮川町長の案内で梨子沢の凄まじい土石流の「蛇ぬけ」の災害現場を視察。亡くなられた榑沼海斗君(中学生)の自宅跡で献花し、黙祷した。
 視察団はその後、避難所(坂の下下仲町集会場)を訪問。避難者は避難命令の解除で一時帰宅となっていたが、集落の役員や当局の健康管理の担当者等と、避難者の生活支援の対策などについて懇談。
 ボランティアセンタ-(南木曽町会館に設置)では社会福祉協議会の池田会長から取り組み状況の説明を受けた。現在12日からの2日間で210名のボランティアを受け入れていることや、引き続き被災家屋の整備・清掃などボランティアの協力を依頼したいとの要請も受けた。

※民主党長野県連災害対策本部は7月16日(水)、2名のボランティアを派遣。連合長野の派遣者とともに、救援作業に当たっている。
 
 民主党長野県連南木曽町土石流災害対策本部(羽田雄一郎本部長)は、矢﨑公二総支部代表の報告や今回の視察活動を踏まえ、民主党本部・政府に対し、緊急の土石流の二次災害防止や今後の堰堤の建設、交通・ライフラインの早期回復、避難者の住宅確保、健康対策など支援の充実、災害の予知・情報伝達の改善など要望。
 本県が沢筋や急峻な山地など危険箇所が多くあることから、災害の未然防止に一層力を尽くしていくことにしている。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved