2013年12月(2)
2013年11月(2)
2013年10月(0)
2013年9月(1)
2013年8月(0)
2013年7月(2)
2013年6月(4)
2013年5月(1)
2013年4月(1)
2013年3月(0)
2013年2月(1)
2013年1月(1)
2017年(4)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2013.12.16
「特定秘密保護法案の強行採決に抗議する街頭演説会」を実施
 12月6日(金)早朝、民主党長野県連は連合長野と合同で特定秘密保護法案の強行採決に抗議する街頭演説会をJR長野駅前で行いました。
 安倍政権は昨日、参議院で特定秘密保護法案の委員会審議を強引に打ち切り可決、衆議院に引き続き参議院本会議でも強行採決しようとしています。
 秘密保護法案は「国民の知る権利」、「報道の自由」を制限する?と、圧倒的に多くの国民が強く反対しているにも関わらず、委員会での慎重審議を拒み、数の力で押し切ることはまさに国政を蹂躙する暴挙です。
 私たちは参院の「良識の府」の存在意義を失わせ、民主政治を「破壊」する自民・公明の両党に強く抗議します。
倉田幹事長と望月長野市議
連合長野中山会長と根橋事務局長
 
2013.12.02
「特定秘密保護法案の問題点を訴える街頭演説会」を県内各地で実施中
 12月最初の月曜日の本日、長野市内で早朝から第1区総支部代表の篠原孝衆議院議員を中心に倉野立人長野市議、望月義寿長野市議、金澤敦志長野市議と特定秘密保護法案の強行可決に対し、強く抗議し反対する街頭演説を行いました。
JR長野駅前での街頭演説
篠原孝衆院議員もビラを手渡しながら、直接市民の皆さんに訴えました。
 
 また前日の12月1日〈日〉には、茅野市、原村、富士見町で矢?公二第4区総支部代表が「特定秘密保護法案反対!」を訴える街宣・街頭活動を行った。矢?総支部代表は「秘密保護法について、安倍首相は参院選挙でも、今国会の所信表明演説でも全く触れていない」として、「国民の知る権利、報道の自由を守るため、断固反対。皆さんとともに闘っていきましょう」と訴えました。
富士見町のあぐりもーる前での矢?公二4区総支部代表の街頭活動

 今週火曜日に衆議院での強行可決がテレビニュースなどで何度も流され、国民の関心も高くなったせいか、足を止めて演説を聞いてくれる人や、ビラを受け取ってくれる人が先週よりも格段に増えてきています。

 長野県連でも会期末までのわずかな時間ですが、県内各地でこの法案に対する街頭活動を引き続き積極的に行っていきます。
2013.11.23
「特定秘密保護法案の問題点を訴える街頭演説会」を開催
 民主党長野県連は11月23日(土)長野駅前で特定秘密保護法案の問題点を訴える街頭演説会を行い、羽田代表代行と倉田幹事長は「国民の知る権利、報道の自由を守る為に、しっかり議論すべきだ。」と、強く訴えました。
 演説終了後、羽田代表代行と倉田幹事長は共に「特定秘密保護法案は欠陥法案」とするビラを配りながら、市民の皆さんに直接訴えかけました。
 民主党は、国民の権利を侵害する恐れがある政府提出の特定秘密保護法案への対案として、情報適正管理委員会設置法案、特別安全保障秘密適正管理法案、公文書管理法改正案、国会法改正案、情報公開法改正案の5法案を衆議院に提出しました。

「特定秘密保護法案」50項目の問題点 論点整理〈メモ〉
2013.11.17
民主党長野県連2013年度定期大会を開催
 民主党長野県連は11月17日(日)長野市内のホテルで、2013年度定期大会を開催。来賓の県副知事・市町村長・連合長野や各種団体代表のほか、第1区を中心に党員・サポーター、市民の皆さんなど400名余が出席した。
 大会に先立ち、11月5日にご逝去された顧問の故中島衛先生のご冥福を祈り黙祷。
 北沢代表は挨拶で、「衆院選・参院選での歴史的敗北を経て、いま民主党はどん底から少しずつ這い上がりつつある。今の安倍内閣に対して、どういう姿勢を取りながら対抗していくのかということに我々は専念すべきである。その根源にあるのは『国民の生活を守る・国民主権をしっかりと守る』ということである。」とし、特定秘密保護法案に関しては「時の内閣が恣意的な判断によって罪を定めようとする極めて危険な法案である。」と、この法案に強く反対していく方針を表明した。「いま我々は断固として国民のために次の内閣を担える政党として再出発すべき。そのスタートが今日であるという覚悟で今大会を民主党再生の第一歩にしよう。」と訴えた。
 活動方針では、来年夏の知事選に向けて 「県政検討委員会」を設置することや、再来年の統一地方選の県議選に向けて衆議院小選挙区毎に最低5人の公認または推薦候補の擁立を目指す方針を決定。また、第2区下条みつ氏、第4区矢?公二氏を次期衆院選候補公認内定者とし、全党で態勢づくりを進めることなど、原案のとおり承認した。
 質疑討論で倉田幹事長は、公認内定までの県連と地域との意思疎通の不足、本人の活動の不十分さなどを指摘されたことに対し、県連として当該総支部と相談し、公認内定者に対し組織運営の改善や、関係者との連携促進を求めていくとの意向を示した。
 また、社会保障と税の一体改革はどうなっているのかとの問いに、国会議員団から、「安倍政権は、サービス削減、自己負担増を含めた介護保険法改正案を来年の国会に提出しようとしている。民主党はサービス削減、自己負担増だけの改革は許さない。施策の充実に全力を尽くす。」と答弁した。
 大会終了後は、元朝日新聞社主筆の船橋洋一氏(日本再建イニシアティブ理事長)が「どうする日本の危機、民主党への提言」と題して講演を行った。
 講演の中で船橋氏は民主党の政治家はリーダーシップを発揮し、党内のガバナンスをもう一度確立することが決定的に重要。政権担当の経験や知恵がなかったことを反省し、改革政党として出直す以外に将来はない。そして民主党はこれからの日本の政党政治のためにも政権担当能力を持つ政党に生まれ変わらなければならない、などと語った。
2013.09.08
民主党長野県連拡大常任幹事会を開催
 長野県連は9月8日(日)、長野市内で所属の国会議員・県会議員・県連役員など約30名が出席し、拡大常任幹事会を開催。今夏行われた参院選の総括や次期統一自治体選挙に向けての対策等を話し合った。
 会議に先立ち羽田代表代行は、「昨年末の衆議院選に引き続き大変厳しい選挙戦となったが、皆さんをはじめ多くの県民の方々にお支えいただき、なんとか4期目の当選を果たすことが出来ました。改めて御礼申し上げます。」と、挨拶。
 北沢代表は主要議題について、次の総選挙に向けて全国の選挙区総支部長を10月末を目途に決めたいという党の方針に基づいて、県下5つの総支部についての議論をする為の選挙総括でもあることに触れ、「今日の議論は極めて重要であるので闊達な意見陳述をお願いしたい。」と、述べた。
会議では各総支部・地区選対から選挙総括が報告され、それぞれ選挙で取り組んだ問題点や反省点、また今後の課題などが話し合われた。
 選挙区の総支部代表については、今後、暫定支部長の意欲の問題や総支部より出された問題点などを県連として精査し、必要に応じて各選挙区毎個別に話し合いをし、10月末までに党本部に上申していくことを決めた。

 また、本年度定期大会を11月17日(日)午後1時から長野市のホテル国際21で開催することに決めた。
2013.07.21
第23回参議院議員通常選挙
長野県区で羽田雄一郎が4選を果たしました。

ご支援いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。

第23回参議院議員通常選挙結果

当選 吉田 ひろみ 64(自)現 365,115
当選 羽田 雄一郎 45(民)現 294,588

唐沢 ちあき 43(共)新 154,630
すみ けい子 33(み)新 106,915
神津 ゆかり 46(無)新  51,621
味岡じゅんじ 54(諸)新   7,537
2013.07.04
羽田雄一郎出陣式及び第一声
 いよいよ参議院議員選挙公示の日となりました。長野市内で行われた羽田雄一郎候補の出陣式には朝早くから大勢の皆様にお集まりいただき、激励をしていただきました。
夫婦揃って玉串奉奠
北沢代表の挨拶
七栄夫人にたすきを掛けてもらう雄一郎候補
決意表明
だるまの目入れ
17日間一丸となって闘い抜こうと必勝のガンバロー
 出陣式終了後は長野駅前で第一声を行い、羽田雄一郎候補は「皆さんの暮らしを守るため、子供たちの未来のため全力で走り続けます。頑張ります!」と、この17日間を戦い抜く決意を訴えました。
2013.06.30
「女性がつなぐ政治と生活”参議院議員羽田雄一郎と語る女性の集い”」を開催
 6月30日(日)長野市内のホテルで 「女性がつなぐ政治と生活」と題し、篠原孝衆議院議員をコーディネーターに、5人の女性パネラーと、コメンテーターに前参議院議員の円より子さんをお迎えし、参議院議員羽田雄一郎と語る女性の集いを開催しました。パネラーの皆さんからは女性の立場から今の政治に求めることや、安心して子供を産み子育てできる環境作り、また女性の社会進出を阻んでいる要因について等、様々な意見交換が行われました。
■パネラー
福祉関係代表   社会福祉士 山田千代子 様              
幼児教育代表   杉の子第2保育園園長 高沢貞子 様        
農業関係代表   農業委員・ケアマネージャー 小川和子 様     
働く女性代表   連合長野執行委員・電力総連 斉藤登美恵 様   
知的障がい者代表 長野市手をつなぐ育成会会長 塚田なおみ 様
会場には約200名の大勢の皆さんがお集まりいただき、最後は雄一郎議員と円より子さんが握手で皆さんをお見送り。
沢山の笑顔が見られました。
2013.06.23
羽田雄一郎後援会2区 松本事務所開き
 6月23日(日)松本市内で関係者の皆さんにご参集いただき、羽田雄一郎後援会の2区事務所開きを執り行いました。こちらでは定番のだるまの目入れのかわりに、ご参集の皆さんのお力をお借りして「勝利」の筆入れを行いました。
2区の選対本部長柳沢光美参議院議員のあいさつ
最初の一筆はやっぱり羽田雄一郎議員から
出席してくださった全ての皆さんが少しずつ筆入れをして、だんだん文字が出来上がっていきます
最後は下沢県議の気合いが入った一筆で「勝利」の文字が完成
会場がワッと盛り上がりました
「頑張ってね」と支援者の方々からの激励に笑顔で答える雄一郎議員

羽田雄一郎後援会 2区松本事務所
〒390-0875 松本市城西1?2?25
TEL 0263?38?0818
FAX 0263?35?0718

皆さんお気軽にお立ち寄りください
2013.06.21
羽田雄一郎後援会4区下諏訪事務所を開設
羽田雄一郎後援会の4区事務所を下諏訪町に開設しました。
〒393-0046 諏訪郡下諏訪町東赤砂4641-1
TEL 0266?26?0577
FAX 0266?26?0578

お気軽にお立ち寄りください。
2013.06.09
羽田雄一郎1区 長野事務所開き
 6月9日(日)長野市内で多くの関係者の皆さんにご参集いただき、羽田雄一郎後援会の1区事務所開きを執り行いました。
各地の後援会事務所は下記の通りです。お気軽にお立ち寄りください。

■1区長野事務所
〒380-0821 長野市鶴賀上千歳1120?1 アレグリアビル1F
TEL 026-267-5850
FAX 026-228-7288

■2区松本事務所
〒390-0875 松本市城西1?2?25
TEL 0263-38-0818
FAX 0263-35-0718

■3区本部事務所
〒386-0041 上田市秋和443?1
TEL 0268-29-7828
FAX 0268-29-7827

■4区事務所
近日中に開所予定

■5区飯田事務所(民主党長野県第5総支部 内)
〒395-0811 飯田市松尾上溝2700?1 MATOIビル1?1号室
TEL 0265-24-2161
FAX 0265-24-2177
2013.05.25
細野幹事長 県内視察及び松本駅前街頭演説
 細野豪志民主党幹事長は5月25日(土)、連合長野が夏の参院選に向けて松本市内で開催した総決起集会で講演をした。
 細野幹事長は集会に先立ち、甕裕一県議(県連広報局長)の案内で安曇野市三郷小倉のリンゴ農園を視察し、4月 21?23日に強い寒気の影響で発生した霜による農作物の被害状況等の説明を受けた。安曇野市内の特に果樹地帯での被害状況が深刻であることから、現地では宮沢宗弘安曇野市長や地元JA関係者、近隣の農家の皆さんも駆けつけ、現時点で実施している具体策や、今後行政としてどのようなことが出来るのか等の対応策について話し合った。
 視察終了後は、JR松本駅前で羽田雄一郎県連代表代行と共に街頭演説を行った。
 「今夏参院選に長野県区から立候補予定の羽田議員こそ、困難な時代状況を切り開く期待の大きな政治家」と評価・激励した。
街頭演説に集まってくれた市民の皆さんのお話に耳を傾ける羽田雄一郎参議院議員
連合長野主催の総決起集会で講演を行う細野幹事長
連合長野主催の総決起集会で全国比例7単組の応援団と共に、参議院選挙必勝を誓い決意を述べる羽田議員
連合長野会長はじめ、北沢県連代表と共に必勝のガンバロー
2013.04.14
県連・羽田雄一郎総合選対結成総会を開催
 長野県連は14日、長野市内のホテルで、「長野県連・羽田雄一郎参議院総合選対結成総会」を開催した。北沢代表ほか国会議員や県会議員・市町村議員など約90名が出席し、今夏に行われる参院選に向けて選対本部を結成。役員体制や、当面の活動内容について確認し合った。
 冒頭、北沢代表は「いま、羽田雄一郎候補を先頭にたてて態勢の挽回を図れるかどうか、民主党に問われているところである。3年間にわたる民主党の政権が、国民から非常に強い批判を受けているなかで、国民の信頼を回復していくのは並大抵の努力ではありえない。その中にあって47都道府県でかろうじて態勢を整えられるこの長野県が全国の先頭に立たなくてはならない。安倍政権は平和国家を突き崩そうとしており、危険性を強く感じている。民主党長野県連を作り上げた中心人物でもあり、民主党の生みの親でもある羽田孜先生が作り上げたリベラルな保守勢力というものを、この長野県の地でしっかり作り上げていかなければならない。その戦いがこの参議院選挙である。そういう思いで私も全力を挙げる決意でいるが、是非皆様方のご奮起と、弛まざるご努力を心からお願いしたい。」と述べた。
 羽田雄一郎参議院議員・候補予定者は「初めて皆様に国政に送り出していただいてから14年、保育士の資格を持つ議員として、子どもたちの未来に責任の持てる政治を実現するために今日まで努めてきた。しかしながら昨年の総選挙、そして民主党政権の3年半で、なかなか国民の皆様に我々が目指してきたものが伝わらず、実現してきたことよりも民主党内のゴタゴタで失望感を与えてしまったことは真摯に反省しなければならない。しかし、我々がめざす国民の生活を第一に考えた政治をもう一度皆様にご理解いただき、新たな再出発をこの参議院選挙を経てしていかなければならないと考え立候補を決意した。スニーカーで長野県中を走りまわり、私のめざす政治をしっかりと県民の皆様にお訴えし、ご理解をいただく中で堂々と国政の壇上へと戻っていきたい。必ず民主党を再生し、二大政党の一翼を担える政党として再出発をしていきたいと考えています。民主党の新しい政治をつくり出すために、どうか皆様の大きなご支援を最後の最後まで賜りたい。是非お力をお貸しください。」と、参議院選に向けての決意を語った。
 結成総会では連合長野根橋事務局長、部落解放同盟西藤千代子執行委員長、退職者連合大井友夫会長からも「真の国民主権の政治を創り出すために、共にこの政治決戦を全力で戦い抜く。」との強いメッセージが表明された。
2013.02.16
党執行部・県連役員と地方議員との懇談会を開催
 長野県連は16日、長野市内のホテルで、民主党本部の大畠章宏代表代行・中川正春幹事長代行を迎え懇談会を開催。北沢代表を中心とする国会議員を含む県連役員と総支部所属の自治体議員など約40名が出席し、総選挙の総括や党改革創生に向けた論点など意見交換を行った。
 冒頭、北沢代表は「昨年末の総選挙での大惨敗で、現在民主党は極めて厳しい状況にある。その中でも長野県は貴重な2議席を獲得した。引き続き頑張り抜いて全党の再起を果たしたい。懇談会はせっかくの機会、忌憚のない意見を出して欲しい。」と述べた。
 大畠代表代行は、「今回の大惨敗を受けて、全国各地から厳しいご指摘をいただいている。党改革創生案を民主党の再出発のための課題とし、大惨敗の背景にいったい何があったのか明らかにしていくために、全国の応援してくださった皆様の話をしっかりと聞かなければならない。この24日の党大会では民主党の立ち位置を明らかにし、今までの反省を踏まえて、今後どのような形で改革を行うか、いかに立ち直っていくか方針をしっかりと打ち出したい。」と述べた。

 また、中川幹事長代行は「大惨敗にいつまでもしょんぼりしているわけにはいかない。この3年半の反省すべき部分を徹底的に検証し、言い訳ばかりでなく、立ち直っていくために前向きに考え、参議院選挙に向けて進んでいかなければならない。」と語った。
 懇談会では、総選挙の総括、また党綱領についての意見集約や、党改革創生案への提言・羽田雄一郎候補の必勝を目指す参院選対策など活発な意見交換を交わした。
 選挙総括では、相次ぐ離党者が出た党内の内部分裂に対する不満や、マニフェストの内容について「生活者の目線に立っていない」など、地域からの厳しい意見が相次いだ。党執行部や県連としても重く受け止め、今夏の参院選に向けて、改めて組織の再生を図り、地域との連携をより深めていくことが必要とした。
2013.01.19
民主党長野県連拡大常任幹事会を開催
 長野県連は1月19日(土)、長野市内で県連役員をはじめ推薦の県議会議員ら約40人が出席し、拡大常任幹事会を開催した。
 冒頭の挨拶で北沢代表は、「昨年末の総選挙は大変厳しい結果となった。1区篠原、3区寺島両候補は健闘し勝利したが、2区下条、4区矢?、5区花岡の各候補は敗北した。県民の皆様のご支援に心から感謝するとともに、期待に応えられなかった事は真摯に受け止め、反省した上で今年を再スタートの年にしたい。そのために7月の参議院選挙の勝利へ新たな決意で活動を進めよう。」と述べた。
 会議では昨年末に行われた衆院選の総括と、夏の参院選に向けて羽田雄一郎代表代行の公認申請を確認。羽田公認予定候補は「責任の重さをかみしめ、全力で戦い抜く。」と、決意を語った。そのほか衆院選で初当選した3区の寺島義幸衆議院議員が県連副代表に正式に就任することを決定した。


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved