2011年12月(0)
2011年11月(0)
2011年10月(0)
2011年9月(0)
2011年8月(1)
2011年7月(0)
2011年6月(0)
2011年5月(1)
2011年4月(0)
2011年3月(2)
2011年2月(0)
2011年1月(0)
2017年(4)
2016年(15)
2015年(7)
2014年(17)
2013年(15)
2012年(4)
2011年(4)
2010年(6)
2009年(13)
2008年(11)
2011.08.20
「民主党長野県連2011年度定期大会」 及び 
記念講演 後藤謙次氏の「日本の政治はどうあるべきか」を開催
 長野県連は、8月20日(土)飯田市内で2011年度定期大会を開催。来賓の県知事・県議会副議長・市町村長・各種団体代表のほか、第5区総支部を中心とした党員・サポーター、支持団体の連合長野をはじめ、郵政政策研究会信越地方本部、在日本大韓民国民団長野県地方本部など団体関係者や、一般市民を合わせて450名余が出席。飯田地域では初めての今大会は大盛会となった。
 大会の冒頭で、東日本大震災の犠牲者に黙祷。活動報告や活動方針、会計決算・予算、大会アピールなどを審議、承認した。
 羽田代表代行は、民主党政権への大きな期待に応えられていないことや、政局の混迷を招いている責任を真摯に反省し、長野県連から全党一丸となって政権を立て直し、震災の復旧復興、重要政策の推進などに総力を挙げようと訴えた。
 北沢防衛大臣は政局の混迷について、「菅総理が辞めればそれで済むという問題ではない。」と述べ、「身びいきではないが、菅総理の震災の対応については的確に良くやってきたと思う」と評価した。代表選挙については「党員・支持者など地方の声を集約し、党内の勢力を分散せずに候補者を絞って国民の前で論争を深め、しっかりと国民の希望を担っていく新代表を選び・支える態勢をつくるべき」と訴えた。リニア新幹線の活用については「諏訪地方のイノベーション集積も重視、連携発展の道を開いていくことが重要。」と、強調した。
 大会終了後は、ジャーナリストの後藤謙次氏が『日本の政治はどうあるべきか』と題して記念講演。現在の混迷状態にある政局について「現在の民主党は組織プレーが出来ていない。昨年自分たちが首相を選んだという責任を全うしないことが問題。」と言及。「次の総理大臣は、遅れている復興を一日も早く目に見える形で進めること。原発事故の対応や新しいエネルギー問題など、未曾有の日本の危機に対して、国民世論にキチンとメッセージを発することが大事。」と訴えた。
 講演終了後の「民主党と市民の対話集会」では、会場の皆さんと衆参国会議員との間で代表選挙のあり方、原発問題、新エネルギー政策などの問題で活発な意見交換を交わした。
2011.05.14
県連拡大常任幹事会・連合長野との懇談会及び 「政治スクールin信州修了式」を開催
 民主党長野県連は5月14日長野市内のホテルで拡大常任幹事会を開催。県連役員、連合長野近藤会長はじめ連合長野役員、県議選での公認・推薦議員及び残念ながら惜敗した候補者など40名程が出席した。県議会議員選挙の総括では、民主党への批判が強かったことや候補者擁立の立ち遅れで、定数58名に対し、公認5名・推薦5名の当選に止まる不本意な結果となったことを反省。地域での支援組織の基盤づくりや、民主党の基本政策のあり方の検討など、組織の抜本的な立て直しなどをはかり、次期衆院選・参院選に立ち向かっていく決意を固めあった。また、震災への義援金活動を継続して強化していくことや、今年度の定期大会を8月27日(土)に衆院第5区で開催する方針を決定した。
  常任幹事会終了後開催した国会議員と連合長野役員との懇談会でも、県議選の反省を中心に話し合い地域活動や日常活動の連携強化を確認しあった。
 当日、政治スクール最終講座も開催。統一地方自治体選挙の候補者とのテーブルディスカッションで、選挙戦を行ってきた中での経験を交えながら、「県政や自治体行政の課題」や「民主党は何をすべきか」など、闊達な意見交換が行われた。
その後、羽田代行代表(政治スクール運営委員長)・篠原副代表・倉田幹事長が出席し修了式を行い、所定の課程を修了したスクール生に修了証書を授与した。
2011.03.19
地震災害被災地への街頭募金活動を県下で実施
 長野県連は三連休初日の19日土曜日、東北関東大震災・県北部地震災害被災地への義援金募金活動を県内9カ所(長野、松本、上田、岡谷、茅野、木曽、飯田、伊那、箕輪町)で一斉に実施した。
 JR長野駅前では長野地区の県議選候補予定者も参加し、被災地への救援にご協力をお願いしたいと訴えた。街頭では小さなお子さんからお年寄りまで多くの皆さんに義援金のご協力をいただきました。お預かりした義援金は民主党が責任を持って全額被災地の救援活動にお届けします。ご協力いただいた皆様に改めて心より御礼を申し上げます。
 長野県連では、今後も県内各地で募金活動を続けていくこととしました。皆様も引き続き被災地の救援にご協力をお願いします。
2011.03.08
統一地方自治体選挙に向けて信州マニフェスト2011」を発表
 民主党長野県連は3月8日長野市内の県連事務所において記者会見を行い、統一地方自治体議員選挙に向けて政策集「信州マニフェスト2011」を発表した。
 この信州マニフェストは、地域に住む私たちの切実な願い・日々の生活の事態を見据え、これからのあるべき行政の姿をもっと鮮明にしたい。少子高齢化や人口減少が進み経済の低迷が続く今日の厳しい状況を打ち破るために、本腰を入れて産業経済を力強く躍動させ、人々が真に豊に暮らすことのできる「支え合いの社会」の絆をしっかりと追求したい。

 そんな思いで作成しました。

 民主党長野県連は、「市民が主役」の政治の結党の原点に立って、政治の理想をさらに徹底追求、今なし得る改革の第一歩を着実に進める決意でおりますので、今後ともご支援ご協力の程お願い申し上げます。

 日ごろ皆様には民主党に対し、厳しいご批判やご助言を沢山お寄せ頂いておりますことに、心より感謝申し上げます。

「信州マニフェスト2011」(PDFファイル)

冊子については最寄りの総支部か、当県連までお問い合わせください。

民主党長野県総支部連合会
長野市中御所岡田102-28
TEL 026-232-6550
FAX 026-232-6570


プライバシーポリシーサイトマップ民進党関連リンク
〒380-0936 長野市中御所岡田102-28【MAP
TEL.026-232-6550 FAX.026-232-6570
Copyright 2015 民進党 長野県総支部連合会 All Right Reserved